2009年08月05日

ゆかたの着付けについて

普段は、きものに縁の無い人でも、ゆかたは、チョット違います。
幼い頃夏祭りに得意になって着ていた、大きな金魚柄や花柄、そんなゆかたがおもい出にないでしょうか?

ゆかたは江戸時代中期、湯上りに着る湯帷子として普及しました。
ゆかたの着付けもさらっと着易いようにゆかたの長所を活かして着付けしていました。
そんな着方も素敵だとおもいます。

湯上りにゆかたを着るのならば素肌の上に直接着てもいいかと思いますが、街着として着るのならば肌着、裾よけもつけるのがエチケットです。
夜だから下着はいらないと思っている人は気をつけた方がいいです。
駅の電気の下や街頭の下、明るい店内等、ゆかたは透けて見えます。
薄い生地でできているゆかたでは特に透けます。
キャミソール等でも対処出来ますが、脇の汗等がゆかたに付くとゆかたの手入れが大変です。
出来れば、きもの用の肌着、裾よけをお勧めします。
この頃では、ゆかた用の簡単に着用できるワンピース状になっている下着もあるのでこういうものを上手く役立て出来ると良いですね。

ゆかたの着付けに必要不可欠な物で大事な物があります。
補正用品です。

洋服とは違ったきものに適した体型というものがあります。
そこで、きものに合う体型にする為、補正が必要になってきます。
補正をする理由には着崩れ防止等もありますが、帯もしっかりつき綺麗なきもの姿ができ上がります。
下着や補正のことをかんがえるとゆかたの着付けも難しいイメージに変わってしまうかも知れませんが、覚えてしまえばゆかたは簡単に着られます。
下着と補正用品があれば立派なゆかた姿ができ上がります。

posted by みさき at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

浴衣の選び方

浴衣は、本来、藍地と白地の生地がありまが最近の浴衣には多様な色のものがあります。
カラフルな浴衣には可愛らしさを感じます。反対に藍地・白地の浴衣には大人を感じさせる雰囲気があります。

江戸時代には藍地と白地の浴衣は、着るときが別々にありました。
白地の浴衣は日中着る家着でした。
藍地は防虫結果を持っているので虫が出る夕方から藍地が着られてきました。
今は、本人の好みで着ているのでどちらも好きな物をいつでも楽しんでいいとおもいます。

浴衣の選び方については、仕立て上がりと反物から仕立ててもらうものがあります。

最近、仕立て上がり浴衣はセットになって販売されているものが多く出ています。
または、浴衣だけの販売もあります。
お値段の違いも様々ですが、セット物は下駄や半巾帯が付いていて3000円から10,000円でよく見かけます。
そうなると浴衣自体は生地も薄くなっていることがあります。
浴衣のみの場合にもお値段によるとおもいます。
仕立ては海外でミシン縫いなので若い人に手軽に着ていただくには、洋服感覚でいいかとおもいます。

反物から仕立てる浴衣は呉服屋やデパート内の着物専門店で反物が選べます。
自身の体型に合わせて仕立てされた浴衣はとても素敵です。
反物から選ぶと生地もしっかりしたものがありまが、お値段はやはり結構な違いが出てきます。

どちらがいいかは人、それぞれのかんがえにもよります。
浴衣の着つけにしても浴衣のサイズが体に合っているかどうかでも断然違いがあります。
仕立て上がりの浴衣は大きめに創られていますので小柄の人にはサイズがなかなか見つからないかも知れません。

浴衣の着つけには、そんな合わないサイズの浴衣でもきちんと着こなせる技はありますが、本人の着心地はあまり良くないように思います。
ラベル:浴衣 着付け
posted by みさき at 05:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

浴衣の存在感

浴衣は花火大会、夏祭りなどに誰でもが一度は着たことがあるはずです。
子供から大人迄、浴衣を着て夏祭りに行けばわくわくするものですね。
普段は、着物を着ない人でも浴衣なら手軽に着付けられます。
近頃では、花火大会などがあれば、浴衣を着ている女性もずいぶん多くなった気がします。
昔は当然だった浴衣も少し前までは、今ほど手軽でもなかったためか、最近は浴衣の女性を夏によく見かけるようになりました。

日本の伝統文化である着物や浴衣を着ることはとても素敵なことだとおもいます。
日本の女性がもっとも素敵に飾れるのではないのでしょうか?。
もちろん男性の浴衣もいいです。
恋人同士で浴衣を楽しむ人達、家族で浴衣を楽しむ人達、どんどん浴衣の着付けを楽しんでほしいとおもいます。
又、浴衣は古来からある日本の伝統的な着物ですし、気軽に楽しめるのも浴衣の魅力の一つです。

浴衣はもともと、お風呂上りに着用する湯帷子がその始まりです。
湯帷子とは浴イコール湯を表し、帷子は単衣の着物の事になります。
江戸時代から湯帷子を、浴衣と呼び始めました。
入浴のスタイルが変わってきたのが始まりで、お風呂上りに簡単に着られる着物として広がっていきました。

このごろの浴衣は、立て上がりの浴衣でサイズもS、M、Lのサイズ展開となっていて、買いやすい価格帯になっているプレタ浴衣などがあります。
又、デザイナー浴衣も増えてきて、色やデザインも斬新なものが多くなっていて人気があります。
もちろん、反物からあつらえる浴衣もあります。
自分のサイズに合わせて誂えた浴衣の着付けは、とてもきれいに仕上がります。

posted by みさき at 06:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。