2009年08月04日

浴衣の選び方

浴衣は、本来、藍地と白地の生地がありまが最近の浴衣には多様な色のものがあります。
カラフルな浴衣には可愛らしさを感じます。反対に藍地・白地の浴衣には大人を感じさせる雰囲気があります。

江戸時代には藍地と白地の浴衣は、着るときが別々にありました。
白地の浴衣は日中着る家着でした。
藍地は防虫結果を持っているので虫が出る夕方から藍地が着られてきました。
今は、本人の好みで着ているのでどちらも好きな物をいつでも楽しんでいいとおもいます。

浴衣の選び方については、仕立て上がりと反物から仕立ててもらうものがあります。

最近、仕立て上がり浴衣はセットになって販売されているものが多く出ています。
または、浴衣だけの販売もあります。
お値段の違いも様々ですが、セット物は下駄や半巾帯が付いていて3000円から10,000円でよく見かけます。
そうなると浴衣自体は生地も薄くなっていることがあります。
浴衣のみの場合にもお値段によるとおもいます。
仕立ては海外でミシン縫いなので若い人に手軽に着ていただくには、洋服感覚でいいかとおもいます。

反物から仕立てる浴衣は呉服屋やデパート内の着物専門店で反物が選べます。
自身の体型に合わせて仕立てされた浴衣はとても素敵です。
反物から選ぶと生地もしっかりしたものがありまが、お値段はやはり結構な違いが出てきます。

どちらがいいかは人、それぞれのかんがえにもよります。
浴衣の着つけにしても浴衣のサイズが体に合っているかどうかでも断然違いがあります。
仕立て上がりの浴衣は大きめに創られていますので小柄の人にはサイズがなかなか見つからないかも知れません。

浴衣の着つけには、そんな合わないサイズの浴衣でもきちんと着こなせる技はありますが、本人の着心地はあまり良くないように思います。
ラベル:浴衣 着付け
posted by みさき at 05:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。