2009年08月16日

浴衣の着つけ、準備するもの

20090801.csvゆかたの着つけで準備するものを紹介します。

ゆかたの着つけには帯以外にも必要な物が沢山あります。
直前になってこまらないように、事前にきちんと揃えておくことをお勧めします。
小物等、ゆかたや帯を変えても使えるものなので持っていて損ではないです。

用意するもの
A)肌着→→→ゆかたは湯上りに着る場合は直接着ても構いませんが、外出するのであれば、必ず下着を着けて下さい。

B)裾よけ→→→肌着同様ですが、ゆかたは明かりの下では透けて見えることがあります。
C)補正用品→→→ゆかたの場合はタオルが1、2枚あればいいとおもいます。洋服ならば細いウエストも見せたいところですが、きものは違います。細いウエストは綺麗な着姿にはなれません。帯がしわになってしまい、帯が下がってくることもあります。補正をすることがゆかたならではの美しい着姿になります。
D)和装ブラジャー→→→ワイヤーのブラジャーはあまりお勧め出来ません。きものは胸を強調しないほうが綺麗です。又、襟元の崩れにも繋がります。きもの等では胸のボリュームのある方はさらしで抑えることもあります。和装ブラジャーでなくてもスポーツブラジャーでも構いません。
E)腰紐2、3本→→→モスリンウール、正絹、ポリエステル等の腰紐があります。モスリンウールと正絹は問題なくお勧め出来ますが、ポリエステの着用はお勧めしませんが、着つけする際の仮紐としては重宝します。ポリエステルは滑ってしまい、緩みが出てしまい着崩れの原因になりかねません。
F)伊達締め1本→→→ゆかたの着つけの最後の仕上げに使います。襟元の崩れ防止にも成果があります。ゆかたをきちんと着付けます。
この他にゆかたと帯があれば、準備万全です。
ラベル:浴衣 着つけ 準備
posted by みさき at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。