2009年08月24日

ゆかたの帯結び (文庫)

ゆかたの着付けに欠かせない最終の帯結びを紹介します。

文庫は半幅帯の基本的な結び方です。
半幅帯は前で結びますので、覚えれば簡単に出来るようになります。
ゆかた以外でも役立て出来る帯結びなのでぜひ覚えて下さい。

文庫
1、帯板をした上から帯を付けていきます。
2、ての長さを決めます。右腕を伸ばし、手の先から腕の付け根迄の長さを図ります。ての幅を半分に折ります。
  てのわを下にして右肩に預けておきます。
3、帯のたれを後ろにまわして巻いていきます。1巻きしたら左手で帯の下線を持ちながら左右にひっぱり帯を締めます。
4、帯を胴にもう1巻きして、ての方が上になるように体の正面で結びます。結び目が上下に締めると緩みにくいです。
5、再びてを右肩に預けます。結び目の所でたれを裏に返し綺麗に広げます。
6、文庫を創ります。たれ先の方から結び目迄を肩幅よりやや大きめに内側に畳んでいきます。
7、6で作った文庫の真ん中を結び目の上に持ってきます。
8、文庫の真ん中を持ちひだをひとつ創ります。
9、右肩にあるてを文庫の真ん中にかぶせ降ろします。
10、てを文庫の中央を下から上にかぶせ巻きしっかり上にひきます。
11、てをそのまま下にかぶせ降ろし、帯と伊達締めの間に入れます。
12、帯の下から出たてを引いてしっかりさせた後は畳んで帯に挟みます。
13、左右の文庫を下げて、広げます。立体的になるように整えてでき上がりです。帯を右方向にまわして完成です。

これは基本の帯結びなのでそんなに難しくかんがえずに練習すればできます。

ゆかたの着付けに帯結びは欠かせないものです。
近ごろは創り帯も多く出ていて不便し無いかも知れませんが、やはり結んだ帯はしっかりとゆかたに付くので着心地も良いです。

posted by みさき at 05:25| Comment(5) | ゆかたの着つけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。